リモートアクセスVPNとは何ですか?私のビジネスに適したソリューションですか?

マイケル・ガルジウロ - VPN.com CEO

で。 マイケル・ガルジウロVPN.comのCEO

Updated:8:09 AM ETS, 1月 15th 2021

はじめに

サイバーセキュリティは、ビジネスを成功させるための最も重要な要素の一つです。 企業を守ることと、リモートユーザーに必要なデータへのアクセスを許可することは、相反することではありません。信頼に基づいたビジネスを構築するためには、顧客のデータや企業の機密情報を確実に保護することから始まります。 リモートアクセスVPN.

リモートアクセスVPNとは何ですか?

VPNは、ユーザーからサーバーへ、ユーザーからユーザーへ、またはユーザーからインターネット上の任意のサイトへの安全なチャネルです。 ハッキングの多くは、データがサーバーからユーザーへ、またはユーザーからサーバーへ転送される際に、保護されていない接続で発生します。VPNは本質的に、その接続を守るガードであり、ボットやハッカーが貴重な情報を盗聴するのを防ぐことができます。

リモートVPNは、インターネット接続が安全でない場合でも、ユーザーがどこからでも企業のサーバーにアクセスできるようにするものです。 VPNを介して通信することで、ユーザーは移動中にも柔軟に対応でき、機密情報にもリアルタイムでアクセスできます。

どこにいても安全な接続

現場に営業マンを配置している企業は リモートアクセスVPNの必要性を証明.効率的なオペレーションを維持するためには、移動中に顧客データを収集したり、リモートで会社のファイルにアクセスしたりすることが必要な場合があります。 

リモートアクセスVPNは、ユーザーのタブレットやラップトップから企業内の機密ファイルへの安全な接続を可能にします。 在宅勤務の社員でも、本社で有線接続されている社員と同じように、会社のソフトウェアにアクセスすることができます。セキュアな接続は柔軟性が高く、会社のデータに一時的にアクセスする必要のある契約社員にも対応できます。

VPNは、各ユーザーが他のユーザーや会社のサーバーに安全に接続できるようにするものです。各ユーザーは、VPNをホストするネットワークアクセスサーバーにログインするための固有の認証情報を持っています。 これにより、特定の情報を許可された人だけがその情報を入手できるようになります。

リモートアクセスVPNは自社に適しているか?

すべての企業がリモートVPNシステムを必要としているわけではありません。しかし、多数のリモート・ワーカーや複数の契約社員を抱える企業は、サイバー・セキュリティ対策の一環として、このシステムの導入を検討すべきです。

リモートアクセスVPNは、公衆無線LANやモバイルデータ接続を頻繁に使用する従業員がいる企業に最適です。 これらの接続は一般的に安全ではありません。ユーザーと企業のサーバーの間でやり取りされる情報は、ハッキングに対して脆弱です。しかし、VPNでは、ユーザーとサーバーの間の接続がトンネルのようになっていて、データ転送が安全に行われます。仮にハッカーがデータの一部にアクセスできたとしても、暗号化されているので利用することはできません。

しかし、リモートワーカーや出張中の営業担当者がいるからといって、リモートアクセスVPNが必要とは限りません。安全なリモート・デスクトップ接続により、在宅勤務者や契約社員が必要な情報にアクセスできる場合もあります。このような場合、VPNの導入やそれに伴う費用をかけずに実現することができます。

リモートデスクトップセッション は、暗号化されたチャネル上で動作します。これは次のことを意味します。 これらは、ハッカーがネットワークに耳を傾けてあなたのセッションを見ることを防ぎます。 在宅勤務者にとっては、VPNに代わる有効な手段となるかもしれません。しかし、リモート・デスクトップ・ユーザーがインターネットに安全に接続できるようにすることは非常に重要です。そうでない場合は、会社のソフトウェアにアクセスする際に、接続が脆弱にならないようにするためにVPNが必要になります。

コストと中央管理サービス

ほとんどのプレミアムVPNプロバイダーは、包括的な管理サービスを提供しており、ルーター以外の社内インフラを必要としません。 VPNは、提供する保護機能の大きさの割には驚くほど低価格で、小規模なチーム向けには$10/月という低価格のプランもあります。 

無料のサービスもありますが、基本的にはお勧めしません。 無料のVPNプロバイダーは、接続速度が遅く、暗号化プロトコルが古く、顧客のデータを収集していることで有名です。

締めくくり

企業がリモートアクセスVPN接続を必要としているかどうかは、従業員自身が何をしているかによって大きく異なります。 海外出張時や公衆無線LANを利用して会社のデータにアクセスする場合は、リモートVPNを利用するとよいでしょう。 しかし、一般的に自宅で仕事をするワーカーは、安全なデスクトップシステムを使用することができます。これにより、メインオフィスのサーバーにハードワイヤードで接続されたような安全なアクセスが可能になります。

ja日本語
DMCA.comの保護状況