マルチクラウドとは何ですか?マネージドソリューションは私のビジネスに役立ちますか?

Michael Gargiulo - CEO, VPN.com

で。 マイケル・ガルジウロVPN.comのCEO

更新しました。2021年1月26日午前5時52分(ET)。

Graphic representing multicloud architecture

一人でやっているフリーランスの会社のような極めて小さなビジネスでは、一台のコンピュータで事足りるかもしれません。しかし、組織が大きくなってくると、より複雑で厳密な、強力なデータストレージソリューションが必要になってきます。 クラウドストレージは、長年にわたり多くの業界で愛用されているソリューションです。.今日、マルチクラウド・アーキテクチャは、そのパワーと多様性のおかげで、ホスティングとストレージの選択肢としてますます人気が高まっています。

ビヨンド・ザ・クラウド

基本的なレベルでは、クラウドストレージは非常にスケーラブルでダイナミックです。 多数の物理的資産の能力を単一の仮想空間にプールすることで機能するクラウドサーバーは、所有者が必要に応じて分割・最適化することができます。しかし、クラウドサーバーにもさまざまな制約があります。一方で、ストレージの領域は、パフォーマンスや法的問題を引き起こす可能性があります。また、クラウドサービス事業者は、通常、自社のアプリケーションやサーバーに限定した独自のサービスを提供しています。

これらの制限を回避するには、ハイブリッド・クラウドやマルチクラウドといった選択肢があります。これらのフレームワークには重要な違いがあり、組織によってこの違いを考慮してどちらが理想的かを選択する必要があります。しかし、マルチクラウドとハイブリッド・クラウドは、複数のクラウド・ネットワークのパワーと機能をすぐに利用できるという点で共通しています。

マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いについて

マルチクラウドとハイブリッドクラウドのアーキテクチャは、同種または異種のサーバーを使用することを前提とした、相互に排他的な配置です。 マルチクラウドとは、2つ以上のプライベートクラウドや2つ以上のパブリッククラウドを統合したネットワークのことです。.一方、ハイブリッド・クラウドは、複数のプライベート・サーバーとパブリック・サーバーを利用します。両者を統合したクラウド環境を利用する企業が増えています。

ハイブリッド・クラウドには、パブリックな資産とプライベートな資産を組み合わせた独自の利点があります。パブリック・クラウドは関連コストが非常に低いため、公文書などのリスクの低い情報の保管に適しています。ハイブリッド・クラウドの統合は、パブリック・サーバーとプライベート・サーバーの機能を組み合わせるのに有効であり、マルチクラウドは単一のタイプのメリットを増幅させるものです。

Multicloudの利点

企業がマルチクラウドを適用することで、パフォーマンスの最適化、法規制の遵守、強力な新機能の創出が可能になります。 多くの企業は、意図せずにマルチクラウドの利用に失敗しています。.これは、IT部門以外のビジネス部門が独自に技術を採用することがあり、シャドーITと呼ばれる現象が発生するためです。

シャドーIT

IT部門以外の部門のハードウェアやソフトウェアの使用量は、監督が必要になるほど膨れ上がることがよくあります。 このようなシャドーITの展開を既存のクラウドアーキテクチャに取り込むことが、最もシンプルな解決策であることはよくあります。.このように、マルチクラウドを意識せずに導入する企業が多いのは、マルチクラウドの有用性を物語っています。

ダイナミックで専門的なアプローチ

クラウド・ホスティング・プロバイダーはそれぞれ異なる利点を持っており、お客様のビジネス全体にとって最適なホストは存在しないと思われます。マルチクラウドの最大のメリットは、企業の各構成要素に適したプロバイダーを利用できることです。1つのサイズがすべてに適合するということはありません。 そのため、さまざまな部門に特化したソリューションを導入し、それらを一元的に管理できることは非常に価値のあることです。.

停電時のセキュリティ

どんなに堅牢なアーキテクチャであっても、時折ダウンすることがあります。ミッションクリティカルな機能が数時間から数日にわたって失われると それは様々な厳しい挫折を意味します。.プライマリ・クラウドと同じタイプの統合クラウドに頼ることができれば、ビジネスのダウンタイムを大きな損失なしに乗り切ることができます。

多彩な機能

既存のクラウド事業者が提供していない機能をお客様が求めている場合。 マルチクラウド・アーキテクチャーの採用は、完璧なソリューションになるかもしれません。.この場合、2社目のプロバイダーのアプリやクラウド環境を利用し、既存のアーキテクチャと統合することができます。これにより、新しい機能を簡単に導入することができ、お客様の付加価値を高めるビジネスの幅が一気に広がります。

パフォーマンスの向上

国際的な企業であれば、1社のクラウド・プロバイダーに依存していると、世界中のオフィスがパフォーマンスやレスポンスの低下に悩まされるかもしれません。 これは、中国のコンピュータや従業員からロンドンの本社までデータが移動する可能性があるためです。.

しかし、企業は、これらの要求を地域のプロバイダーにオフロードするマルチクラウド・アーキテクチャ上でオペレーションをホストすることで、この問題を解決することができます。企業の本国にある強力な基幹クラウド・サーバーが、世界各地の支社にサービスを提供している小規模な地域クラウドと連携することで、国際的に最大限のパフォーマンスを発揮することができます。

GDPRコンプライアンス

データ・プライバシーは、企業にとっても個人にとっても、世界中で関心が高まっています。 このような動きは、すでに国際的な企業の問題を幾度となく複雑にしている。.の中には Schrems そして シュレムスII のケースでは、EUの最高裁判所が、米国のデータ保護法はEU市民を保護するには弱すぎると判断しました。これらの判決により、国際商取引に関するEUと米国の間の2つの取引が破棄され、米国企業は2020年時点でのGDPRの要件を満たすために慎重に取り組む必要があります。

その一つが、お客様のデータを保管する場所に関するものです。マルチクラウド・アーキテクチャは、地域ごとのサーバーに関連するデータを簡単に保存することができるため、グローバルなオペレーションを容易にします。

Multicloudの詳細はこちら

よりパワフルなデジタルソリューションを必要としている成長中のビジネスには、さまざまな選択肢があります。クラウドサーバか専用サーバか、マネージドかアンマネージドか......理解しがたいこともあるでしょう。しかし、それぞれの選択肢のメリットを理解し、十分な情報を得た上で、ビジネスを成功に導くための決断をしたいとお考えの方には、最適な場所だと思います。

最新の情報を得るために VPN.comは、IT業界への理解を深めるのに役立ちます。.独自のウェブサイトを開始する準備ができたら、プレミアムドメイン仲介サービスを利用して適切なドメイン名を見つけましょう。また、簡単なコンサルティングにより、お客様のビジネスに最適なマネージド・マルチクラウド・プロバイダーをご案内することができます。

ja日本語
DMCA.com Protection Status