インターネット、VPN、検閲、ドメイン名などに関するあなたの専門知識をぜひ紹介してください。

コンテンツのアイデアや完成した記事を下記に送信していただければ、すぐに編集者から返信いたします。

  • 受け入れられるファイルタイプdoc, docx, odt, pdf, xls, xlsx, ods, txt, 最大ファイルサイズ:256 MB.

投稿ガイドライン

VPN.comに投稿されるコンテンツは、すべてガイドラインに沿ったものでなければならず、編集されることがあります。記事を投稿する前に、その記事がガイドラインを満たしているかどうかを確認する必要があります。

編集者が作業を開始する前に、あなたのコンテンツは、VPN.comのコンテンツ提出ガイドラインおよび以下の条件を満たしている必要があります。

概要

一言で言えば、私たちが求めているものは以下の通りです。

  • APスタイルのライティング、文法、スペル(一部例外あり)。
    • シリアルコンマを使用します。
    • Internet、Internet Security、Virtual Private Networkの各用語を大文字にする。
    • 見出しはすべての単語を大文字にしてください。
  • タイトルやサブタイトルにはシリアルカンマやオールキャップを使用してください。
  • アドバイスや見解は、記事のトピックに関連し、業界での実体験に基づいたものでなければなりません。自分が全く知らない話題は避けましょう。
  • 独自の洞察力や専門知識を盛り込む。読者が聞いたことのあるような一般的なアドバイスは避けましょう。
  • 具体的で、戦術的で、新鮮なアングルを探してください。
  • 専門用語や長い引用文、学術的な文章は避けましょう。読者は、共有しやすく、理解しやすい、わかりやすいコンテンツを好みます。
  • 可能な限り短い文章を使用してください。75%以上のセンテンスは、20ワード以上の短さでなければなりません。
  • アクティブボイスを使用する。90%以上の文章は、能動態でなければなりません。
  • 聴衆があなたのアドバイスを覚えているように、要点を述べましょう。注目を集めるためには、価値を提供するのが一番です。読者を置き去りにしてはいけません。

要求事項

上記のガイドラインに加えて、すべての記事はいくつかの一般的な要件を満たす必要があります。

  • コンテンツはオリジナルで、過去に公開されていないものでなければなりません。あなたのブログやLinkedInなどに掲載されただけでも、記事は公開されたとみなされます。
  • 序論と結論を含む。
  • すべての事実上の記述には出典が必要です。 ハイパーリンク付き)、信頼できるもの(例:Wikipediaは理想的なソースではない)。過去1~2年のデータにこだわる。
  • 信頼できる、権威のあるウェブサイトへのリンクのみが許可されます。
  • 信頼できるソースに掲載された内容をそのまま引用する場合は、二重引用符を使用し、元のソースへのハイパーリンクを貼ってください。(第三者からのインタビューや引用は認められません。詳しくは下記の「帰属」と「リンク」の項をご覧ください)
  • 提出する前に、すべてのものをファクトチェックしてください。私たちは、アドバイスや専門家の意見を求めています。
  • 攻撃的、党派的、差別的な内容でないこと。宗教や政治に関する内容は掲載しません。また、扇情的な言葉や卑猥な言葉を使った記事は却下します。
  • フワフワしていないこと。すべての文章が価値を付加するものでなければなりません。
  • 推奨する場合は、その理由を明確にし、評判の良い代替案をいくつか提示してください。
  • 成功や結果を保証するような表現は避けましょう(例:「この3つのマーケティング戦略で、あなたは何百万ドルも稼げることを保証します」)。
  • 企業や人を批判する記事は掲載しません。ポジティブで戦術的な洞察を与えることに重点を置いています。

追加ガイドライン

より詳細な要求事項は、以下のトピック別にまとめられています。

編集上の注意事項

VPN.comの編集スタッフは、掲載のために提出されたすべてのコンテンツを編集する権利を有しています。

  • 文法、スペル、構文、フォーマットなどのラインエディット。
  • 見出し、小見出し、デクの更新。
  • 長さ、適切さ、明瞭さ、スタイルなどの修正。実質的な編集が必要な場合は、メモを提供して修正を依頼します。

編集者は、すべてのガイドラインを満たすまで、コンテンツを受理しない権利を有します。.

ショートセンテンス&パラグラフ

アイデアをセクションに整理する。各セクションは、意味があればサブセクションに分けます。各段落は1つのアイデアを伝えるべきです。セクションは通常、300ワード以下にします。

短いセンテンスやパラグラフは、より効果的で読みやすいものです。文章はできる限り20語以内にします。パラグラフは、3~4センテンス以内にしてください。 

独立した文章や単一の単語は、適切に使用すれば機能します。 

NO Salesy Language

  • 間違った。 "愛犬がついに吠えなくなった時、あなたは心の安らぎを得るでしょう!"
  • 間違った。 "愛犬の行動の悩みが解消されて安心です"
  • 間違った。 その他、インフォマーシャルに出てきそうなもの

その代わりに、条件付きの言葉(if、might、could、may、may)を使って提言します。

  • 正解です。 "自宅でのトレーニングを希望する人には良い選択かもしれません。"
  • 正解です。 "ポジティブなドッグトレーナーを見つけることが重要であれば、ここから始めるのが良いかもしれません。" 

Focus On Value - Avoid Filler Language

一文一文が記事の価値を高めるものでなければなりません。一文一文が必要なのか、文章の質を高めるものなのかを自問してみてください。

  • 役に立つ/価値のある情報だけを追加する。 
  • BS'ingはありません。
  • 間違った。 "If your dog is acting up, you might need a dog trainer"(...ダウト)。 
  • 間違った。 "この会社は、犬に礼儀正しく歩くことを教えます。リーシュトレーニングも行っています。"(...同じことを2回言っている)。
  • 間違った。 記事に情報を付加しないもの。

精度、著作権、ファクトチェック

リサーチを行い、事実の正確さを確認し、著作権のある情報や機密情報を掲載または引用する許可を得ているかどうかを確認するのは、ライターとしてのあなたの責任です。編集者は、可能かつ容易な場合には正確性を確認しますが、最終的には、発表する資料が信頼できるものであり、正しく帰属するものであることを確認するのはあなたの責任です。

剽窃(ひょうせつ)について

当社の編集者は、コンテンツが100%オリジナルであることを確認するために、すべての投稿に対して剽窃チェックを行っています。どのような形であれ、盗作は決して許されません。 いかなる状況においても、盗用された作品を提出しないでください。そうでなければ、自動的に解雇され、二度と一緒に仕事をしないことになります。何が盗作にあたるのか不明な場合は、以下のリソースを参照してください。 これ.

帰属、クレジット、ソース

自分の主張を裏付けるため、あるいは読者を啓発するために、評判の良い他の出版物を抜粋(引用)、言い換え、参照しても構いませんが、その際には元の情報源を明確に引用してください。外部ソースの使用は控えめにし、以下の点に注意してください。 フェアユース.これができないと、剽窃とみなされることがあります。

当社は、ライターが第三者から引用やインタビューを求めることを許可していません。そのため、ライターの方は、記事の中で第三者からの引用、言及、洞察を求めてはいけません。これには、非常に短い引用、記事の長さのインタビュー、他の専門家やプロの「特集」も含まれます。以下に2つの例を示します。

  1. DO:オビ・フェルトンは、アルファベット・インクのX.O.S.でディレクターを務めています。 がブルームバーグに語った。 気候変動のような問題は、「何兆ドルもの市場機会」であると考えています。
  2. DON'T。X社の社員とメールで話したところ、"この機会を逃すことはできない "と言われました。

適切なソースアトリビュートの詳細については、以下をお読みください。

  • 一般的に知られていない研究、統計、抜粋、または研究を裏付けるリンクを提供する。(引用元がない場合は、その記述を削除するか、事実ではなく自分の意見であることを明確にしてください)。リンクは、引用している実際の情報を指すようにし(例:ある研究に言及しているニュース記事にリンクするのではなく、その研究自体にリンクする)、すべてのデータは最近のもの(過去2年以内)で、信頼できるソースからのものでなければなりません。関連する単語をリンクするだけです(例:「a 1月の学習 from Gallup,")ではなく、フルセンテンスです。 
  • 書面、音声、映像を問わず、他の場所で発表された内容を正確に引用する場合は、出典にリンクし、二重引用符の中にその内容を入れます。
  • 間接的な引用とは、誰かの文章や話し言葉を言い換えたものです。この場合、引用マークは必要ありませんが、引用が必要となります。この違いについて、詳しくは これ.
ja日本語
DMCA.com Protection Status